安宅の音楽日記

タグ:山下達郎

先日、山下達郎のクリスマス・イブを当ブログで取り上げたところ、Facebook でコメントを頂きました。私の書いた「何がきっかけで有名になったのか知りませんが、本当によく耳にする曲ですよね」という文章に対してのお返事です。「60s JR東海 CM クリスマス エクスプレス 牧瀬里穂 1989年」という CM がヒットのきっかけとのこと。83 年のアルバム「MELODIES」の B 面の最後の曲として収録されていたそうです。発売から 6 年経って、急にヒットしたんでしょうかね〜。この頃はまだ音楽に興味を持っていなかったので、人から当時の状況を聞くのみです。

でも曲の背景を知ると、もっと音楽が楽しくなります。コメントを下さった皆さん、ありがとうございます。

関連曲

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

山下達郎のベスト・アルバム OPUS から 2 枚目の 3 曲目、「クリスマス・イブ」を聴きます。作詞・作曲も山下達郎です。

「クリスマス・イブ」は街でよく耳に入ってきたので知らない曲ではありませんでした。しかし、私が山下達郎を知ったのは映画「サマーウォーズ」のエンディング・テーマ「僕らの夏の夢」でした。今はクリスマス曲特集期間 (?) なので、サマーウォーズの話は別の機会にするとして「クリスマス・イブ」です。

何がきっかけで有名になったのか知りませんが、本当によく耳にする曲ですよね。特にこの時期。

聴けばちょっとロックしたフォーク・ソング。山下達郎のボーカルと合い間に入るパッフェルベルのカノンが印象的な曲です。クリスマスだからと言って、落ちついた感じが良いのかもしれませんねぇ。そういう意味では、ビング・クロスビーの「ホワイト・クリスマス」を似ている気もします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

このページのトップヘ