安宅の音楽日記

タグ:リスト

過去記事において、好きなピアニストの一人にジョルジュ・シフラの名前を挙げました。しかし、まだ CD を紹介していませんでしたね。シフラの演奏はクセがあるので、万人にお勧めできないのが玉に瑕。そのうち、比較的誰でも好まれると思うのはリストの「ラ・カンパネッラ」です。

シフラの EMI 録音全集から聴いてみます。このボックスには 1959 年録音 (CD2) と 1969 年録音 (CD6) が入っています。シフラのベスト盤に収録されているのは前者なので、1959 年録音を聴きます。

CD をかけてまず驚きます。テンポが早いのです。ラ・カンパネッラは冒頭をゆっくりと奏で、やがてスピードアップしてゆく曲です。冒頭のテンポは、「ゆっくり」ではありません。これでは曲の構成が崩れてしまう!! テンポが上がる所でどう対処するのか? テンポを上げないのか? 逆にテンポを下げるのか? シフラの答えはこうです。「更にテンポを上げる!」。なんという強行突破。しかも何ですか? このハイ・テンポの中でギラギラと輝くような鐘の音を奏でているのは?! 美しいとか、技術が凄いとか、そういうのとは別次元の音楽です。そしてテンポを落とす所では、ちゃんとテンポを落として歌うんですね〜。こんなことが出来るのはシフラしかいません。残念なのは、冒頭のショックが大きすぎて、コーダが普通に聴こえてしまうところでしょう。凄い技術なんですけど、もっと想定外の演出を期待しちゃってね。とはいえ、シフラのラ・カンパネッラを聴くと他のピアニストのラ・カンパネッラが温く感じます。はい。

関連曲

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

リストのパガニーニ大練習曲 第3曲「ラ・カンパネッラ」を聴きます。ピアノはアンドレ・ワッツ。

ワッツのリストのアルバムを輸入盤で探したら、「パガニーニ超絶技巧練習曲」を収録していると書かれたアルバムに出会うかもしれません。何ぞこれは? パガニーニ大練習曲と超絶技巧練習曲がゴッチャになったのか、と思われるかもしれませんが違います。実は 1851 年に作曲された「パガニーニ大練習曲」にはオリジナルとなる曲集があったのです。それが、1838 年に作曲された「パガニーニ超絶技巧練習曲」です。その難易度は「パガニーニ大練習曲」を超え、本当にリストって凄いピアニストだったんだなぁと開いた口が塞がらなくなります。CD で録音している人も僅かしか居ません。

私もワッツの「パガニーニ超絶技巧練習曲」のアルバムを買いましたが、ショックを受けました。収録されていたのは「パガニーニ大練習曲」だったのです。この輸入盤の存在のせいでしょうか、国内盤のライナー・ノートにはワッツがパガニーニ超絶技巧練習曲を録音していると書いたものがあります。しかし、私が知る限りワッツがパガニーニ大練習曲を録音したことはあっても、パガニーニ超絶技巧練習曲を録音したことはありません。ご注意を!!

さて、演奏に耳を傾けましょう。ワッツのピアノは非常に透き通った美しい音色です。ラ・カンパネッラの数小節を聴いただけで、音色にウットリします。これほど美しい「鐘の音」を聴かせてくれるピアニストは多くありません。テクニックも乱れがありません。ラ・カンパネッラは多くのピアニストに弾かれる曲ですが、満足に弾ききっているピアニストは実は少ないです。ワッツはラ・カンパネッラを「音楽を楽しむ」レベルで演奏してくれます。最後のコーダは演出十分。ピアノが唸りを立てて、盛り上がります。音色一つから曲の構成まで、見事に纏め上げた演奏です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

マルタ・アルゲリッチのボックス「Martha Argerich the collection 1 the solo recordings」(8 枚組) から 1 枚目の 7 曲目、リストのハンガリー狂詩曲 第6番 を聴きます。この曲はリストのハンガリー狂詩曲の中では 第2番 に続いて有名な曲なのではないでしょうか。

「Martha Argerich the collection」はアルゲリッチの当時の LP と同じ収録順・同じジャケットを使って構成されています。ですから、CD 一杯に曲は入っていません。その代わりに、「アルバム」としての構成を当時そのままに楽しむことができます。

さて、私が初めてアルゲリッチを聴いたきっかけは、正にこのハンガリー狂詩曲 第6番 でした。ハンガリーの狂詩曲の 2 番ばかり聴いていた私に当時のクラシック友達が、これも聴いてごらんなさい、と言って貸してくれたのです。

哀愁を帯びたラッサンと切れ味の鋭いフリスカ。その対比が見事です。構成がよっぽど上手いんでしょう。後半のフリスカではスピードを上げて行くにもかかわらず技術的な破綻が見られません。ストレスなく聴くことができます。1960 年録音。アルゲリッチのファースト・アルバム。いやはやたまげたものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

リストの「死の舞踏」をジョバンニ・ベルッチのピアノ、フリードマン・レイヤー指揮モンペリエ国立管弦楽団の演奏で聞きます。

死の舞踏、良いですねぇ。リストの小ピアノ協奏曲と呼んでもよいこの曲は、有名な「怒りの日」のテーマをモチーフに始まります。ピアニスト・ベルッチは、確かこの盤がデビュー盤だったはず。録音のせい... ではないですね、おそらくミキシングした人が気を利かせすぎて、ベルッチのピアノがオケよりも随分前に出てきています。そんなことしなくっても、十分魅力ある演奏してくれているのにね。

ピアノのテクニックは文句なし。死の舞踏は繊細さよりも最初の怒りの日のテーマでどれだけ気分よくしてくれるかがポイントなんで、多少の粗なんて気にしません。中盤から終盤にかけて、繊細さを要義するところがありますが、そこは大家のピアニストには一歩譲るかな。とはいえ、全体のバランスはよく練られています。平均点以外の良い演奏を聴かせてくれますよ。これからの活躍も期待したいピアニストです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

このページのトップヘ