安宅の音楽日記

タグ:ピアノ

ベートーヴェンのエリーゼのためにを聴きます。ピアニストはエリソ・ボルクヴァゼ (Elisso Bolkvadze)。CD ではなく MP3 です。Amazon の MP3 ミュージックにて 100 円で購入しました (CD が見つからなかったので)。

きっかけは松本大輔の「クラシックは死なない!」。とにかく遅い演奏として紹介されていました。その演奏時間 4 分 21 秒。当ブログで紹介した「エリーゼのために」の演奏時間を挙げてみます:

  • 3 分 03 秒: シュナーベル (1932)
  • 2 分 28 秒: ギーゼキング (1948)
  • 3 分 16 秒: リシッツァ (2012)

ギーゼキングの 2 分 28 秒は別格として、シュナーベルやリシッツァの演奏は 3 分台。比べてボルクヴァゼの演奏は 4 分 21 秒。圧倒的に遅いのが分かります。

ボルクヴァゼの演奏は遅いとはいえ、手を抜いているわけではありません。ペースは遅いものですが、ちゃんとテンポの上がる所はテンポを上げます。音の強弱も、ピアノの響きもちゃんとコントロールされています。曲のクライマックスに向けて盛り上がります。ですから、聴いていて曲がダレません。遅いなりに、演奏の構成がしっかりしているのです。

ボルグヴァゼの演奏の素晴らしさは、彼女の構成力の高さに寄っているのでしょう。エリーゼのためにのようなポピュラーで短い曲でもこのように高い構成力を示すのですから、他の曲でどんな演奏をするのか期待します。彼女の CD がもっと手軽に手に入ると嬉しいです。

関連本

関連曲

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

ゲイリー・グラフマンの RCA 録音集大成ボックス 24 枚組からショパンのバラード 第1番を聴きます。

グラフマンはラン・ランやユジャ・ワンの師匠。アメリカを代表するピアニストながら、1979 年に右手を故障したそうです。左手のためのピアノ協奏曲を演奏したり、教育活動を行なったりして、現在も現役、なのかな。

ここに聴くグラフマンのバラードの第1番は 1958 年録音。

柔らかなニュアンス。ショパンを「技術」だけで弾いている人間には出せない音楽です。強弱の付け方、間の取り方。ポーランドのショパンではありませんが、これはショパンの音楽です。

後半部。グラフマンのテクニックは冴えたものです。ここも技術に溺れることなく、音楽を第一にクライマックスに向かいます。グラフマンより技巧的に優れ、スピードの早い演奏はあります。その中にあって、ショパンの風情を失なわない点でグラフマンの演奏は魅力的です。こんなに良い演奏が、ピアニストが、知名度低いのはもったいないです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

マルタ・アルゲリッチのボックス「Martha Argerich the collection 1 the solo recordings」(8 枚組) から 1 枚目の 7 曲目、リストのハンガリー狂詩曲 第6番 を聴きます。この曲はリストのハンガリー狂詩曲の中では 第2番 に続いて有名な曲なのではないでしょうか。

「Martha Argerich the collection」はアルゲリッチの当時の LP と同じ収録順・同じジャケットを使って構成されています。ですから、CD 一杯に曲は入っていません。その代わりに、「アルバム」としての構成を当時そのままに楽しむことができます。

さて、私が初めてアルゲリッチを聴いたきっかけは、正にこのハンガリー狂詩曲 第6番 でした。ハンガリーの狂詩曲の 2 番ばかり聴いていた私に当時のクラシック友達が、これも聴いてごらんなさい、と言って貸してくれたのです。

哀愁を帯びたラッサンと切れ味の鋭いフリスカ。その対比が見事です。構成がよっぽど上手いんでしょう。後半のフリスカではスピードを上げて行くにもかかわらず技術的な破綻が見られません。ストレスなく聴くことができます。1960 年録音。アルゲリッチのファースト・アルバム。いやはやたまげたものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

ジャズ・ピアニスト、バド・パウエルの名曲「クレオパトラの夢」。

素晴らしい曲ですねぇ〜。メロディー・ラインがはっきりしていて、崩しすぎないあたり、ジャズ初心者にも聴きやすい曲です。バド・パウエルのピアノがいい。脇を固めるベースのポール・チェンバースとドラムのアート・テイラーも抜群のサポートです。

初めて聴いたのは、もう 15 年も前。東京は東中野に新星堂がありまして、そこの店長さんとお友達になったんですね。そして、私が珍しい CD を聴かせたところ、お返しに... とお店用のサンプラー CD を貸してくれました。確かジャズの曲ばかり集めた CD だったと思います。一曲目に収録されていたのが忘れもしない「クレオパトラの夢」。

あの時、私が聞かせた CD が何だったのか? 何の CD を貸りたのか? 全て忘却の彼方ですが、「クレオパトラの夢」だけが残っています。

以来、ずっと買いたいと思いつつ、まだ手に入れていません。先日、親がジャズのコンピレーション・アルバムを買って、その中に収録されていましたが、私の CD ではないので帰省した時にしか聴けません。いつか、「クレオパトラの夢」を手に入れて、ゆったりと聴きたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

Facebook で友達が素敵なクリスマス曲を紹介してくれました。The PianoGuys というクラシック・クロスローバーが演奏する Angels We Have Heard on High です。この曲にはマライア・キャリーの CD のおかげで強い思い入れがあります。

この動画では、ピアノを使って有名なクリスマス曲を演奏 (?) しています。ピアノの鍵盤を弾いている人もいれば、ピアノの弦をこすっている人もあり、ピアノをパーカッション代わりに使っている人もあり。見てて、聴いてて楽しい曲です。

CD が欲しくなっちゃいました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

このページのトップヘ