安宅の音楽日記

タグ:ディラン

今日、ボブ・ディランのコロンビア録音全集が Amazon から届きました。最初にかけた CD はもちろん、Disc 2「The Freewheeln'」です。一曲目にあの有名な「風に吹かれて (Blowin' in the Wind)」が収録されているからです。

多くのカバーを生み出した同曲ですが、ボブ・ディラン自身が歌うオリジナルは素朴です。ギター一本とハーモニカだけの構成。ロックというよりカントリー。ちょっと掠れた語りかけるような歌い方に心癒されます。ちょっとジョン・デンバーの「カントリー・ロード」を思い出してしまったかも。

蛇足ですが、今回のコロンビア録音全集に「Vol.1」とついているのは、翌年、ブートログ (正規録音でないもの) を集めた「Vol.2」が出るからとコメントで教えてもらいました。ありがとうございます。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

私が予約した CD も紹介してみます。第一弾はボブ・ディランのコロンビア・レーベルへの録音全集です。

オリジナル・アルバム 35 作、ライブ盤 6 作、ボーナス CD 1 枚の計 42 作。CD にして 47 CD という大ボックス。発売は 2013 年 11 月 23 日が予定されています。気になるお値段は、現在、22,906 円。一枚当たり 500 円を切る値段です。HMV では、どうやら既に予約だけで完売の様子。すごい人気ですね。

よく分からないのは、日本語題名が「ザ・コンプリート・アルバム・コレクション Vol.1」となっていること。Vol.2 も出るのでしょうか? 誰か知っていたら教えて下さい。

さて、ボブ・ディラン。私は不詳にして「風に吹かれて (Blowin' in the Wind)」の作曲者としてでしか知りません。ピーター・ポール・アンド・マリーが歌って有名になった曲ですよね。名曲なので多くのカバーがあります。そんな一曲しか知らないのにボックスを買ってしまう? いやいや、こういうチャンスは滅多にないので予約ボタンをポチリしてしまいました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

このページのトップヘ