安宅の音楽日記

タグ:ショパン

ゲイリー・グラフマンの RCA 録音集大成ボックス 24 枚組からショパンのバラード 第1番を聴きます。

グラフマンはラン・ランやユジャ・ワンの師匠。アメリカを代表するピアニストながら、1979 年に右手を故障したそうです。左手のためのピアノ協奏曲を演奏したり、教育活動を行なったりして、現在も現役、なのかな。

ここに聴くグラフマンのバラードの第1番は 1958 年録音。

柔らかなニュアンス。ショパンを「技術」だけで弾いている人間には出せない音楽です。強弱の付け方、間の取り方。ポーランドのショパンではありませんが、これはショパンの音楽です。

後半部。グラフマンのテクニックは冴えたものです。ここも技術に溺れることなく、音楽を第一にクライマックスに向かいます。グラフマンより技巧的に優れ、スピードの早い演奏はあります。その中にあって、ショパンの風情を失なわない点でグラフマンの演奏は魅力的です。こんなに良い演奏が、ピアニストが、知名度低いのはもったいないです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

そういえば最近ショパンを聴いていません。手軽に聴ける楽曲で好みなのは 24 の前奏曲。数はあるけれど、一曲が短いし聴いてて難しく考えることもないので好きです。

演奏はイディル・ビレットがナクソス・レーベルに入れたショパン全集から 10 枚目を選びました。

ビレットは一人でショパンのピアノ曲全集を任されるくらいなので下手ではないのでしょう。でも、アルゲリッチの様な強烈な個性は持っていません。ポリーニのような完璧さも求めることは出来ません。難曲では苦戦している感もあります。目立った存在感を持たない演奏かもしれませんが、何度も聴く鑑賞に耐えられる音楽性はちゃんと持っています。そういう意味では、個性派の演奏よりも聴き返すことの多い演奏かもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

このページのトップヘ