今日、ボブ・ディランのコロンビア録音全集が Amazon から届きました。最初にかけた CD はもちろん、Disc 2「The Freewheeln'」です。一曲目にあの有名な「風に吹かれて (Blowin' in the Wind)」が収録されているからです。

多くのカバーを生み出した同曲ですが、ボブ・ディラン自身が歌うオリジナルは素朴です。ギター一本とハーモニカだけの構成。ロックというよりカントリー。ちょっと掠れた語りかけるような歌い方に心癒されます。ちょっとジョン・デンバーの「カントリー・ロード」を思い出してしまったかも。

蛇足ですが、今回のコロンビア録音全集に「Vol.1」とついているのは、翌年、ブートログ (正規録音でないもの) を集めた「Vol.2」が出るからとコメントで教えてもらいました。ありがとうございます。

関連記事