安宅の音楽日記

カテゴリ: サントラ

友達の家で平井堅のアルバム「Ken's Bar」を聴きました。この中でギョッとさせられたのが、3 曲目の「The Rose」。映画「ローズ」の主題歌です。

まず最初に、平井堅って歌が上手くな... ゴホッゴホン。

「The Rose」を聴いて何に驚いたか。それは伴奏で弾いているピアノです。音がとても深い。ピアノとボーカルだけで歌うバージョンとしては、私は手嶌葵の CD を持っています。手嶌盤の「The Rose」も上手いピアノでした。しかし、これは響きというか、ピアノの鳴らし方が素晴らしい。

思わず、友達からライナー・ノートを借りてピアニストを調べました。塩谷哲。初めて聴く名前です。しかし、彼が単なる伴奏ピアニストであるはずがない。彼がソロで弾いているピアノを是非聴いてみたい。そう深く思いました。

関連曲

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

手嶌葵の 2008 年のアルバム「The Rose 〜 I Love Cinemas 〜」から一曲目「The Rose」。1979 年の同名映画「ローズ」の主題歌です。作曲はアマンダ・マクブルーム。

手嶌葵の歌う The Rose は、セフィーロの CM に使われ、デビューのきっかけになったのだとか何とか。詳しい話は知りません。

裏話は置いて曲を聴きましょう。

ピアノが伴奏に入るだけのシンプルな構成。手嶌葵特有のハスキーでパワフルじゃないんだけど心がこもる歌唱を上手く引き出しています。曲も手嶌葵にマッチしてます。アップテンポにならず、終止おだやかな曲調。最初聴いた時は、盛り上がりに欠ける曲だと思いました。アルバム「The Rose 〜 I Love Cinemas 〜」には有名な曲が他にも入っているので、ついついそちらに耳が行きがちです。しかし、この「The Rose」は聴き返す度に引き込まれます。バラードの良さを体現している、とは言い過ぎでしょうか。う〜ん、本当に良い曲・良い歌唱です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

映画「ゲド戦記」の中でかかった一曲ですが、映画の賛否は別として、手嶌葵の歌う「テルーの唄」は良い曲ですよね。名曲と言うのは言い過ぎかな? ジブリの曲にしては珍しく全編バラード調で抑えた楽曲です。

ジブリの初期の曲は、曲を聴けば自然と映画のシーンが思い出さたものでした。「テルーの唄」はそういうことがなくて、この一曲だけが独立して楽しめる作品に仕上がっています。

バックにオーケストラがサポートしているのに、ボーカル一人にスポットが当たっている不思議さ。手嶌葵は決してホイットニー・ヒューストンやマライア・キャリーのような「華」のあるボーカリストではありません。それでも、とつとつと歌うメロディーが心地良い。間の取り方、素朴さ、下手に技巧に走らない身の丈の歌唱が心を掴むのかもしれません (あとマスタリングの優秀さも)。

この曲は、何度リピートして聴いても飽きません。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

私が初めて X Ray Dog の Dethroned を知った動画です。エヴァンゲリオンのハリウッド実写化が一時期話題になったことがありました。その頃、作られた偽「予告編」です。当時、「ロード・オブ・ザ・リング」が人気を博していたため、New Line Cinema や Weta Digital Studio のロゴがまことしなやかに使われています。

大半は既存映画のシーンを繋げただけですが、一部ゲームの動画を使ったり、NERV のマークを床に入れたりして「エヴァ」らしさを出しています。映画好きの方なら、マトリックスを始めとする映画の元ネタが分かることでしょう。シンジ君役にイライジャ・ウッド、冬月先生にイアン・マッケランを配している当たり笑ってしまいます (アニメのキャラと役者が合い過ぎてて)。

そして何より選曲が良いですね。この貼り継ぎの映像に Dethroned を使うのですから! かっこ良さ満点です。

関連曲

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2013 年最後を締めくくる曲に選んだのは、今年私のベストだった映画「魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語」から印象的な一曲です。といっても、映画版のサントラは発売されていないので、テレビ版サントラから同じ曲を選んできました。「Puella in somnio」。訳すと「夢の中の少女」?。ほむらのテーマ曲ですね。

以下、映画のネタバレを含みます。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

このページのトップヘ